二世帯住宅でのそれぞれの住み方につきまして

私が、二世帯住宅でメリットある!と強く思える点につきましては、やはり、様々な暮らし方があると言う形で、色々な同居の形があると言うことを知れる機会でありました。ニ世帯住宅をイメージした場合におきまして、多くのケースで、両親と共同生活をしなければならないと思いがちでありますが、実はニ世帯住宅におきましても、非常に多用な形で、居住できる空間が確立されていると言うことを知ることができました。まずは、台所・お風呂・トイレなどを共用する「同居型」であります。これは一般的な共用タイプのアパートに多い内容でありまして、比較的生活面で被ることが少なくて済む方式であると言えます。次に、台所・浴室・トイレ・玄関などを別々にして、二世帯が独立して生活できる設備や空間があり、玄関など一部は共用にする「共用型」でありますが、玄関等のほんの一部のスペースでしか共有することがないため、ほとんど別居に近い状態になりますので、大変良い状況となります。生活空間が完全に分離して上と下など隣接して住む「分離型」については、最近のニ世帯住宅に多い環境でありますので、このタイプで検討して行きたいと思っております。